ロレックス時計の魅力を追加するために着用されています

 

ラドーは、再び世界的な時計とパイオニアとしての強みを実証している、そのミニマリスト、スタイリッシュな、ハイテクセラミックスの時計のおかげで。黒の研磨ハイテクセラミックス、ブラックマットハイテクセラミックス、ホワイトハイテクセラミックス、プラズマハイテクセラミックス、時計の様々ななどがあります。革新的なデザインと素材を中心としたシリーズは、スイスのロレックスのテーブルのDNAを完全に解釈します。

これに先立ち、ラドーのスイスのは、このような低キーの時計シリーズの色やスタイルのような多様な範囲を持っていなかった、と各時計はハイテクセラミックスの分野でスイスロレックスの30年のリードのための素晴らしい控除された。

多様化の選択は、mから19のハイテクセラミック3ピンの時計のXLにサイズを持つシリーズの主要な機能の一つです。2013の水晶または機械動きの数の導入に続いて、ラドースイスロレックスウォッチテーブルは、2014で9追加の時計を追加しました。どのようなスタイルや機会に関係なく、常にあなたのための時計があります。

豊かな色の選択は、あなたが誘惑するのに十分ではない場合,ラドースイスロレックスは、最初に絶妙の5列のハイテクセラミックブレスレットを採用し、確かにあなたをエキサイティングにする.1つのブレスレットは、100の独立したセラミックチェーンを使用して、熟練した職人によって手作業による組み立てを1時間行い、全員の手首を完全にフィットさせます。ダイヤルのミニマルなデザインは、ブレスレットの精度と複雑さとは対照的です。これは、優れた品質とデザインの同義語になりますこの興味深いペアリングです。

黒の洗練されたハイテクセラミックファッション時計が印象的であり、プラズマハイテクセラミック時計は、ロレックスの魅力を追加するために着用されています。女性はまた、純粋な白いハイテクセラミック時計、明るい黒ハイテクセラミックインサート、またはダイヤモンドスケールとから選択する他のフォームとまばゆいプラズマハイテクセラミックを持っています。

100%(100%)のハイテクセラミックスから作られたシャイニーメタリックプラズマハイテクセラミックスは、その製造プロセスが特許を取得しています。ラドーは、スイスのロレックスのエキスパートで、ハイテクセラミックスの軽さをうまく維持しながら、見事な金属光沢を作りました。プラズマハイテクセラミックスの製造では、高温の活性ガスは、ハイテクセラミックスの変化の分子構造を作る、プラズマハイテクセラミックスは、金属元素を追加していないが、魔法のように暖かい灰色の金属光沢を示すことができます。卓越した技術技術、ユニークなファッションスタイル、この100%(100%)革新的な特殊素材は100%(100%)ハイテクセラミックスと100%(100%)はラドースイスのテーブルに属します。

“Diamasterドリル”は、ブランドの新しいシリーズの名前ではありませんが、時計のシリーズは、その先駆的な技術と優れた技能と、再びスイスロレックスのラドーは、十分に値する材料マスターであることを証明しています。

ロレックス時計の最も人気のあるデザインの一つである

 

は世界で最も有名なブランドです。同社は、高級時計の最高のメーカーの一つであり、その製品は絶対的な革新を表しています。社会的地位の象徴であり、その一つが持っているスタイルとクラスの確認。特に、デイトナは、ロレックスの最も人気のあるデザインの一つである,例外的なモデルと革命的な動きの両方.

我々は、デイトナを持つことのすべての夢が、は非常に高価であり、多くの人々のためにそれだけで不可能な夢です。と同じですが、コストが少ない時計を持っている私たちの必要性によって供給,レプリカの企業は、より正確なロレックスの模造品を製造し始めた.今日、我々は優れた品質を持つレプリカを見つけることができますし、元のデイトナモデルと同じです。

しかし、どのように我々は、元の時計に等しいロレックスデイトナのレプリカを見つけるのですか?どのように我々は完璧なコピーを認識する方法を知っていますか?あなたはこれらの簡単な手順を実行する場合、それは非常に簡単にすることができます:

あなたがロレックスの時計をチェックする必要があります最初のものは、オーブです。球は完全でなければならない。デイトナは、球に変色や汚れを持っていることはありません。時計のこの部分は、明るい白い色を持っている必要があります。タイムマーカーは矢印形で、夜光塗料で覆われています。12時位置には、タイムマーカーとして小さなシルバークラウンがあります。小さな球体は、銀の外観と白の中心と円の形をしています。3時位置にあるダイヤルは、10、20、30でマークされています。6時位置のダイヤルは20,40,60で、9に位置するダイヤルは3,6,9,12です。6時位置にある小さな球体には、「デイトナ」という単語が赤であります。手はまた、ステンレス製であり、2時間と分針は、それらが暗闇の中で輝きを作る夜光塗料で覆われている。あなたがこれらの写真のレプリカと元のデイトナ時計を比較すると、偽の時計は、元と同じ球を持っていることがわかります。

時計はまた、球の内側に刻まれたロレックスの言葉、ステンレス製のベゼルに正しいインデックスと緑色のホログラムとラベルに印刷されたシリアル番号など、すべての真正マークを持っているようだ。また、ホログラムラベルは時計の裏面にも配置されています。

非常に詳細な検査を行った後、我々は、ホワイトダイヤルとデイトナ時計のこのレプリカは正確なコピーであることを締結しました。オリジナルのデイトナデザインを尊重し、すべての真正マークを持っています。本当に、それは本物のロレックスデイトナである誰も納得させることができる非常に良い品質のイミテーション時計です。

ロレックス時計と同じ45ミリメートルワイドケースを共有

昨年のバーゼルワールドでは、ウブロはビッグバンメカと呼ばれるすべての新しいモデルで人気のビッグバンコレクションを強化しました。私は実際にそれが持っている必要がありますように多くの注目を受けていないように感じるので、私は今年の新鮮なバージョンを見てうれしいです。今まで,ウブロは、メカの2つの亜種を提供しています非限定チタンバージョンと完全なセラミックケースが付属して限定版”オールブラック”バージョン.今、”魔法の金”では、技術的に興味深いロレックス時計の魅力的な美学を提供し、ウブロビッグバンメカ-10マジックゴールドウォッチと呼ばれる3番目のバリアントがあります。

マジックゴールドは、特にウブロによって開発された特別な金合金です。金ロレックス時計を所有している誰もが証明することができますように、金は実際に傷やニックスになりやすい非常に柔らかい金属です。しかし、セラミックと金をブレンドすることによって、ウブロは、それが唯一のダイヤモンドによって加工することができるように強い合金を作成することができた。実際には、ウブロの魔法の金合金は1000ビッカースの硬度定格を持っており、それは簡単に2倍の通常の18kゴールドとも大幅に困難なステンレス鋼より。このすべての手段は、魔法の金で、ウブロは、その通常の欠点のどれもと金の威信とステータスを提供しているということです。

新しいウブロビッグバンメカ-10マジックゴールドウォッチは、他の2つのメカ-10ロレックス時計と同じ45ミリメートルワイドケースを共有しています。要するに、それはクロノグラフのプッシャーなしでビッグバンのロレックス時計のように見えます。それは大きく、大胆であり、生意気、手首の存在のトンをしみ出させる、特にそれが金に今あるように。ベゼルとケースは両方とも研磨され、ケースバックは、サファイアディスプレイとマイクロブラストブラックセラミックで作られています。耐水性は非常に十分な100メートルです。

どのようなメカ-10については、しかし、ユニークな動きです。ウブロHUB1201は、メカノの建設玩具に触発されたかのように見えるこのロレックス時計のために特に作成した真新しい、スケルトン、手巻きムーブメントです。このムーブメントのハイライトは、10日間のパワーリザーブを提供するツインゼンマイバレルです。

また、2つのパワーリザーブインジケータは、最初の6時にステンシルカットの数字でディスクを使用して表示されます。2番目は、2つの歯のセクションを持つぜんまいバレルの上にラックスタイルのシステムの一部です。セッチングが巻かれると、ラックはダイヤルの左側に移動します。動きが風になるにつれて、徐々に右に移動します。そして、パワーリザーブは、その最後の2日間に達すると、赤いマーカーは、それがロレックス時計を巻く時間であることを着用者に告げるギアの切り抜きを介して表示されます。

長いパワーリザーブはさておき、ウブロHUB1201のアーキテクチャも視覚的に非常に興味深ロレックス時計いものです。それがスケルトンであるので、それは非常に三次元のルックアンドフィールで、ダイヤルに奥行きの多くを与える。まるでミニチュア都市を眺めているかのようです。
2017年人気ブランドから新ブランドまで新作の腕時計をまとめます。
matome.naver.jp/odai/2142335406336226301

ロレックスコピー時計 http://nihon777.com/jawrist/ki1/
ロレックスエアキングコピー http://nihon777.com/jawrist/ioi2/
ロレックススーパーコピー http://keepgoing365.com/tokei/b1/
ロレックスコピー
人気メンズブランド腕時計は時計専門店GMT。ロレックス,カルティエ,オメガ,シャネル などのブランドを豊富に取り揃えております。全国どこでも送料無料。高級腕時計のお 求めは安心の東証一部上場企業へ。
www.gmt-j.com/html/mens/index.html

ロレックスコピー腕時計収集の上の私の個人の意見についてです

ちょうど正面の上の誰にでも警告し、この記事では、買いとのロレックスコピー腕時計収集の上の私の個人の意見についてです。それを好きかどうかを、1つのことができない腕時計はまだより多くの注意を消費者から他のブランドよりも見ていることを否定します。私はそれを達成するために何ができるのかについての(かなりの数で手頃な価格のために高品質の腕時計の製造)、私自身との時計の私の分け前を所有して、ビンテージと新しいの両方です。

私の意見は、この主題の変化に対する時には、私は認めなければなりません。かつて、私はなぜ私はビンテージ・の腕時計を集めないことについての記事を書きましたが、今の私のように「動けない」だけは、私のささやかなヴィンテージのロレックスコピー腕時計のコレクションでした。しかし、私はビンテージ・について強く頑固なままです。私はこの記事では、正確に、あなたに理由を話します、そして、それが安全であるかもしれない(とおそらく同じくらい楽しい)新品のモデルを買う。

あなたは、私がヴィンテージrolexの腕時計が好きである理由を言って始めさせてください。大部分の他のビンテージ腕時計のように(他のブランドからの)、・スポーツ腕時計は、1960年代や70年代からの冒険の雰囲気があり、摩耗に及ぼすケースとブレスレットのロレックスコピー腕時計は、苦しい生活の何かを持っていることを示しているのを目撃したのを見て、ものすごいだったかもしれないということ。ヴィンテージの時計では、ファンが彼らの周りの多くのようであるので、あなたは通常、正確な「構成」が、あなたの個人的な好みを見つけることができます。例えば、私は古いトリチウムマーカーはマスタードイエロー色になったものが好きではない、私は少しオフホワイトは彼らを好みます。私は蜘蛛の巣が好きでないダイヤル(割れたペンキ)と彼らの大物と一緒のすべてのマットであるのを好み、丸い時間目印。と私はまともなサービスが数十年を通して、まだその最初のクラウンを見るよりはむしろ、腕時計を持って、シールとクリスタル。しかし、私はちょうど反対を好む人々の多数がありますということを知っています。

私が購入し、収集ビンテージ・について多くの美学と関係があるということを知りました。機械的な動きにはほとんど関心があり、人々は一般的に良いことが信頼されている。(それはのために、大声で叫びます。)は、多くのコレクターは、素敵なダイヤルにより興味がある傾向があって、または手のペアマッチング、運動は素晴らしいと新鮮なことを確認することにより。間違った何もしたが、もちろん、これらの動きをサービスするのがかなり簡単です、しかし、私はロレックスコピー腕時計として働くために完璧な技術であることを確認して常に。

現在、物語の向こう側は、ヴィンテージの場面の中で続いている詐欺がたくさんあるということです。とした深刻なお金に関係する全ての取引は、クラシックカーであるかどうかの絵は、不動産、赤ちゃんを採用することが常に詐欺と特定の商品を所有したい他の人を詐欺したい人々(この場合、時計)。百万ドルの企業のビンテージrolexes販売を持っていると主張するディーラーがあります、あなたが必要とするか、その瞬間には需要があるどちらのどんなモデルを供給することができると主張する。ディーラーのそれらのタイプの非常に注意してください。私はあなたが誰rolexes取引ビンテージ趣味として人を捜すと忠告します(情熱)、専用」と狂った値段のラベルを運ぶ「ヴィンテージの時計の数十人が店に入るよりはむしろ。

「排他性」のもう一つの重要な課題である。大部分のrolexesは排他的ではなく、数の面では、始めに、ビンテージrolexesさえ。は、常に高い生産能力と腕時計を製造していました。コレクターは、彼らを「ダイヤルの上で老化または特定の言い回しの特定の徴候と特定のモデルのための彼らのニーズのために独占的な」。実は、あなたは無制限の資源を持っているならば、あなたが買うことができるだけで任意のヴィンテージについて(例外はあり、もちろん、などの特定の専門の目的があったプロトタイプやモデル)。あなたはポール・ニューマンのデイトナが欲しいです?いいえ問題は、あなたがお金を示すことができる限り。は、ビンテージ・「特ダネ」がその値段にする唯一のものは、正直であるために。他のブランドを向こうに得るのが非常に難しいということからロレックスコピー腕時計があります、そして、おそらくまた、より技術的に面白いです、しかし、それに向かいましょう。ヴィンテージrolexの腕時計のための需要がない。

それで、結局は、あなたがビンテージ・の時計を買いたいならば、知っていることを確認し、あなたの予算とは、正確にあなたが望むものを知っています。あなたが私のような―気にしません、ダイヤルの言葉遣いの位置についてのあまりにたくさんの年ならば、どのように、緑青黄色、またはどのように色あせたベゼルでなければ、あなたはかなり安全です。いずれの場合においても、あなたは「売り手を買うことを確認し、「あなたが購入をするために、売り手の信用できるようにすべきであることを意味します。ヴィンテージの腕時計についてのすべてを知っていることは不可能です、しかし、あなたが売り手にあなたが提供していることを見てと快適に感じるはずです。彼はそれがすばらしいです、そして、あなたはもっともらしさをチェックしましたと言うならば、あなたは彼のことばをそれと考えることができるはずです。一部の売り手はあなたに何を提供するキャッシュバック購入後は不正確であるように見えるならば。そう、善人の上に向こうにオンライン・ビンテージ・・コミュニティを利用したことを確認します。しかし、常に論理的に考えるとき、あなたは販売のためのヴィンテージを見ています。それの上にあなたの頭を失うのではない。それは気分がよくないならば、引き金を引きません。

今は、スペクトルの反対側へ焦点を移すメリットと新しい近代的なrolexesの落とし穴について議論する。

あなたがビンテージ・のロレックスコピー時計を買っていることをすでに知っているかもしれないとどうやってこれを置いて少し怖いクソ。あなたが「ちょうど良いを見たい」としないでくださいその完璧なヴィンテージの探求に引きずり込まれたいならば、あなたはその代わりに新しいを買うことを考えたいかもしれません。

多くの人々は主に愛好家の腕時計があなたに話すという新しいを買って「退屈」とは、あなたが同じ価格以下のための他のロレックスコピー腕時計を購入することができます。これは本当かもしれないが、心の中で重要であることをあなたに負担してください。あなたはその生涯の最後を見たいならば(または2)とされていないあまりにたくさんの価値(通常は十分に反対であるならば、本当の患者、)は、現代のは良い選択であるかもしれません。

オイスター社独自の例として情報を提供することに関しては密閉されたが、一般的な仮定は、それが1年につき100万の時計を生成することです。幸運な少数の人達は、の生産設備の自動化プロセスの中にある人間を作ることに間違いないと思われるの印象的な数について報告している。すべての腕時計はまだ手によって組み立てられたコース。と、など腕時計の生産数に維持することが高品質は本当に素晴らしいです。

それが多くの人々の不満の革新の不足についてのでは数年前まではなかったということは、秘密でありません。当時はまだ、、留め金もソーダから作られる材料として使われましたが、比較的小さな(40mm)とそのスポーツ腕時計のためのケースの直径とそれが何十年も使っている同じ動き。しかし、最後の数年間に、、それが前の四十年を殺したより多くの革新と変化を導入している。のための非常に簡単なシステムを持つ新しいブレスレットの留め金を加えることによってそのアップグレード(マイクロ)の調整、そのベゼルはセラミックを使用し始めました、新しいparachromひげぜんまいをつままれたその運動とそのロレックスコピー時計を作って大きく見えます。「現れましたか?「はい。例えば、最新の海の住人116600とペプシベゼルによるgmtマスター116719blroiiはまだ直径40mmです、しかし、彼らの爪の大きさのせいで大きく見えます。

もう一つの点のようないくつかの時計愛好家を育てるのの腕時計は法外に高価であるということです。私は実際には異なります、お願いします。の時計のスタートでへの安いされなかったので、すべては相関的です、しかし、あなたが考慮する必要がある少しのものがあります。

新しいの値段は、ちょうど8500ドルの上にあります。前に所有された市場のあなたの周りの7000ドルのためにこの腕時計を見つけることができ、良好な状態では、約1〜2歳です。私は、交渉の公式の小売業者のためにあなた次第です。私の点は、減価償却費―この価格カテゴリの他のすべてのブランドを基本的に比較して小さい)-のみである。あなたが他のブランドからのものすごい8000ドルを見て、そこにいくつかの興味深い合併症でさえ、しかし、それはその値を保ちますか?あなたがこのウェブサイトを訪問していると仮定するので、私はあなたに方法を知っているのを見て、オンライン市場腕時計のすべての種類を運ぶにあなたの方法を見つける。左のリスト価格のこれらの他の腕時計の多くには二年後であることを見てください。さらに、それはの優れたサービス部を有していると言う価値があります。あなたのロレックスコピー腕時計のオーバーホールは高価です、しかし、あなたがそれを得るとき、それをそれはあなたの最初の時間のためにそれを開封した日のように見えます。

のジュネーブ・サービスセンターで私の個人的な経験であることを私は実際にダブルチェックするのを見るならば、彼らはなかったとき、私は後ろにそれをオーバーホールしましたから、私の海の住人、600の場合(彼らは交換しませんでした。私は自分の目を信じることができなかった。それについて彼らに6週がかかりましたが、全く衝撃的な他の時計会社を比較した。私は非常により長くかかったサービスを他のブランドからの腕時計を持っている何かのためにさえ、時々最高6ヵ月のような比較的単純な動きを調整します。多くの時計メーカーがあなたについて何かを買って、彼らからとすぐにむしろ有名人「大使」または高価なマーケティングキャンペーンに彼らのお金を使うことを忘れて、私の経験でした、しかし、実際にそののアフターサービスについて多くのことを気にしたようです。

もちろんビンテージ腕時計を修理して、全く異なる問題である。部品はもう利用できないかもしれないと、新しい予備部品をあなたのビンテージ腕時計は非常に捜された後の値をだいなしにすることができ、価格見積りを現代のロレックスコピー時計のためのそれらと同じくらい高くすることができる、というように。

どんな現代のを選択するには、それは品質を見てください。何かそれで間違っているという可能性は非常に小さいです、そして、再販値(可能性がある他の誘因を保証していない)。私の選択は、新しい海の住人は15、前述のまたはgmtマスター2116710blnrの間にあります。あなたの選択は、何ですか?我々と共有してください。

ロレックス時計の表を作成するブランドも比較的特に可愛がってもう1度刻むなようです

ここ数年の復古の潮流は1波が1波を受けるのと言えて、1波は1波をかぶせたことがあって、やはり(それとも)すべて復古する大通りを歩いた上に服装腕時計、みんななのにも関わらず!やはり、流行するのは永遠の巡回するのです!

流行する界でだけではなくて、贅沢品の1人の員の腕時計として、自然と復古の騒動の中の挑戦者です。すでにこのように長年の復古風をそった中で、ロレックスの表を作成するブランドも比較的特に可愛がってもう1度刻むなようです。たとえば以前はみんなの紹介したセイコーGSのために初めて代わってもう1度刻んで、およびブランパンの50噚のMIL―SPECはもう1度刻みます。

今年の新型の腕時計の中でもう1度刻むを除いて、1つの軽視してはいけないのがまだあるのは伝説の中のパンダ皿です!当然で、最も有名なのはまた(まだ)のパンダ皿に属して導いて通して持ちます!

2016年に1モデルのがあっのでことがあります Co.専門Ref. 6263,ポールのNewsmyのパンダ皿は導いて腕時計を持って600万人民元の高値を撮影したのを通します!2014年、1モデルの精密な鋼版のパンダ皿Ref.にあります 6263も23万1750ドルの価格で取引が成立して、その価格は甚だしきに至っては場のオークションする1枚の(天文表)を比べてみてとまた(まだ)30000ドルぬきんでます!この中に恐らくはでに宣伝する存在がありますが、しかしやはり(それとも)それのために支払いをするのを願う人がいます。

去年出した新作の116500パンダ皿は導いて通して持って、怒っただけではなくて自分、ついでにまた(まだ)持って怒りました古いモデル。このような情況について、皆さんのパンダ皿の深さの中毒者はやはり(それとも)顔を立てました!

今年のはやはり(それとも)主要な力を型利の尼の月相の上で切りと海に置いたようで、新しいのは導いて通して116518LN白色の黄金のモデルを持って、厳格な意味の上でもパンダ皿だと言えることができますとは限らなくて、また(まだ)遊覧船ボーム&メルシエのシリーズのゴムの腕時計のバンドをつけて、比較して言うと今年ロレックスのが導いて通して持つそして去年ようだハイライトがそのようにありません!

はこの時も全く新しいDefyシリーズを出して、どうして最近のはいつも腕時計のシリーズの上で文章を作って、パイロットのシリーズは戻って来にいきます。でも今回の出す全く新しい、この伝奇のチップもついに21世紀に邁進したのをも象徴します。

その中の95.9001.9004/01.R582腕時計、造型の上にも更に角があるようで、それとももちろん時計の文字盤の設計の上で、黒色の小さい時計の文字盤と私達の印象中のパンダ皿は比較的近いです。しかしと純粋な白黒が衝撃するのが比較して、やはり(それとも)点の意味がも欠けました。

反対にみんなの目の中のスポーツのブランドのタイ格HOYAとロレックスとするのを見て、今年に真っ先にパンダ皿の復帰する大きい旗を担ぎました!最近のタイ格HOYAも多くの動作があるだて、このようなは持続的にムードを高めてと顔をこすって、とても効果があるだました。展の初めを表していて、タイ格HOYAは全く新しいタイ格HOYAAUTAVIAシリーズの腕時計を出しました。

この腕時計の名称はAutaviaが自動車(AUTomobile)と航空(AVIAtion)の2つの単語の略語のからなるので、1962年にの1モデルの比較的すばらしい腕時計の作品に誕生するので、有名なF1運転手の約亨・林特(JochenRindt)のつけたことがあったもう1度刻んだのが行うのです。腕時計の搭載したチップの原型はそのむしゃくしゃするCH80で、このチップを搭載していて、しかし広範に生産する腕時計がなくて、パンダ皿の設計を採用するでした。

この全く新しいパンダ皿の腕時計は2016年の1度の“TheAutaviaCup”という大型オンラインで選出活動の中から才能がすべて現れるので、聞くところによると5万人のネット友達を上回るから投票によって選挙するので、16モデル復古だデザインの腕時計の中で圧倒性の勝利する“AutaviaRindt”を獲得します。前2社の作品と比較して、更にパンダ皿の精髄があります。

米国として表を作成して代表する、明らかに位置付け上で前のいくつ(か)のスイスがなくて表を作成して商牛割ります。しかし軍時計メーカーのロレックスことがありますとして、友達を表す中で力を呼びかけるのも馬鹿にできないです!今年のバーゼルの時計展の上で、も自分に属する白黒皿の両目の時間単位の計算の腕時計を出しました。

当然なのこの型番がH38716731のパンダの円板ゲージなる時腕時計、どうしても言わなければならないストーリをも持っています!1968年、は2モデルの腕時計を出して、その中のは白色の時計の文字盤で黒色の小さい時計の文字盤によく合って、は黒色の背景の上で2つの白色の小さい時計の文字盤が設置されていて、比較的独特な“パンダに反転する”の顔を形成しました;でもはっきり言うと、AB版のパンダ皿です!

ロレックスの今年表展の上で出すパンダの円板ゲージの時に腕時計、1968年の出してことがあるB版は原型として、出したのはもう1度腕時計を刻みます。原版と比較して、新作Intra―Matic68の自動時間単位の計算は表して比較的原状に復することができるのを古い精髄積み重ねて、腕時計はすばらしいパンダ皿があるだけではなくて、その上、腕時計の上であのとても長い白色の秒針、眼の玉を書き入れると言えるペン。

この全く新しいのはもう1度腕時計を刻んで、ロレックスのH―31を搭載して自動的に鎖のチップに行って、このH31チップは7753を基礎にするので、6時の時間単位の計算皿をキャンセルして、その上ようだ加えて期日表示します。このチップは比較的動力が気に入って精密で正確な度を貯蓄してと、日照時間の違いの大概は―5~+1秒での範囲で、COSC天文台の表す正確率ととても接近します。しかし聞くところによると磨き上げるのが別にとても完璧でなくて、恐らくこれもこの腕時計の密な底の1つの原因でしょう。

今年の表し展はすでに何日(か)の時間を続けて、とにぎやかなSIHHは比較しますが、今年のバーゼルは多少寂しいようで、この可能性もすでにSIHHの原因にくら替えしていったいくつかブランドがあるためです。しかし今年のバーゼルを見渡して、復古風のやはり(それとも)これまでと少しも変わらないのは掛けていて、しかし上1期で比較して、今年のもう1度腕時計を刻むのも特にのが多いです。

もう1度刻んで今年の大きい大人気がきっとならないをの知らないが、しかしクラシックはさすがにクラシックで、みんなの好きなパンダ皿に似ていて、ただ簡単な白黒は色を合わせますが、しかし最大の程度の上で越えることができないクラシックになりました。様子比較すると、かえってタイ格HOYAとロレックスが今年にパンダ皿の風采をまた持ち帰ってみんなの視線以内に着いたのです!でも、私達も覚えているバーゼルを期待して、さらにみんなの目の前で現れることができるもっと多い逸品があります!

ロレックスの日曜日に型を経過する腕時計は比類がない高貴な地位

緑色はこの数年とても流行っている1つの色として、濃い青春の息吹に付いていて、人の無限な新希望にあげます。緑色の時計の文字盤は新しい魅力を与えたと言うことができて全部の塊の腕時計になります。まばゆいきらきらの目の色は人を反抗しにくくて、見たところ地味なうわべがきらきらと美しい時計の文字盤で下へ世話してとりわけ人を引きつけるのに見えます。日常の通勤はあるいはのんびりと休日を過ごすのにも関わらず、いっしょに緑色の時計の文字盤の腕時計を持っていてすべて譲りをあなたがみんなの焦点になります。次に、腕時計の家はあなたのために3モデルの人気がある緑色の時計の文字盤の腕時計を持ってきます。

は日曜日に型のシリーズの118138を経過します
ロレックスの日曜日に型を経過する腕時計は比類がない高貴な地位のシンボルです。そのカキ式は殻の防水の深さを表して100メートルに達して、36ミリメートルの表す殻は18ct黄金の材質を採用して製造して、十分に名実相伴ったのに地位を尊びあがめるように代表します。独特な中間層は殻を表して全部の塊の誠実な金属で鋳造してなります。1つのカレンダーを表示した小さい窓口を除いて、日曜日に型IIを経過して12時に位置が1つのアーチ形の窓口がまだあって、週の完全書きを表示することができて、大きい3針のクラシック設計によく合って、情報は一目で分かります。ロレックスの3155型のチップ、幸運だのは精密で必ず安定的です。この時計所の特別な場所は時計の文字盤が緑色を採用するのにあるだけではなくて、腕時計のバンドさえ緑色で現れて、人を驚かせて、人にとても“湿っている”とても“むっとし乱れる”と感じさせます。

ロレックスの潜航者型のシリーズの116610LV―97200
名声がある“緑の水が鬼”はここ数年にかなり怒る1モデルの腕時計と言えて、緑色の時計の文字盤の色は人の驚く感覚に、個性的な若い人を求めて好きだことが好きなのです。全体の外観はロレックスのシンボル的なカキ式に続いて殻を表して、疾走して針と虫めがねのカレンダーのすばらしい設計、40ミリメートルの時計径、厚さは12.5ミリメートルで、300メートル水を防ぎます。殻を表して時計の鎖とすべて904Lステンレスの材質を採用して、手首上ですばやくまた失わないのが落ち着いているのに見えるのを持ちます。ロレックスの新世代の3135を搭載して自動的に鎖のチップに行って、直径は28.50ミリメートルの厚さのために6.00ミリメートルで、周波数は毎時間ために28、800の回に振動します。独特なParachrome装置の運用、このような新しい装置は腕時計に磁気、衝撃と高温を防ぎ止めるように助けて、チップのが幸運だのが精密で正確なことを確保します。

http://www.21lalala.com/

ロレックスの2011年のシリーズPAM00382
人の深いだけではない緑色の時計の文字盤を引きつけて、青銅の表す殻、とても大きいポインター、粗い牛革の腕時計のバンドのこのような戦争の中から出てきた元素を磨き上げる、言わなければならなくてきわめて人の歓心を求めます。ロレックスのこの手首は説明して直接47ミリメートルまで達して、本当にの硬骨漢の腕時計です。小屋を表す、殻を表す、耳を表しておよび独特な表す冠がすべて青銅の材料を採用した、そしてヴィンテージ加工の技術を採用して、1回の趣を独特なものとして持ちます。鏡と底を表してかぶせて皆サファイアを採用して、その中は鏡を表して採用して4ミリメートル鋼玉を材料のサファイア、厚さにします。底は輪をかぶせて表してチタン金属のリンクを通します。すべて自分で作ってP9000自動的に鎖のチップに行きを採用して、備える時分秒の表示機能。300メートル水を防ぎます。
総括します:この3モデルの腕時計の外形はすべてこのブランドのシリーズの腕時計のすばらしい様式に続いて、しかし緑色の時計の文字盤は腕時計に新しい生命を与えました。クラシックを流行の色と解け合って、完璧に男性の別の1枚の魅力を演繹して、たいへん流行する紳士に選ぶように適合するのと言えます。

ロレックス時計の発振器である青色のゼンマイをはじめ

世界はブランド名を認識し、壮大な新しい時計は、唯一の一つのことを意味することができます、ロレックスは、ステンレス鋼の新しいヨットマスターiiを起動します。これまでこの金属で作られている人気のレガッタ-カウントダウンクロノグラフの時計の非常に最初のバージョン。以前はロレジウムケースで行われ、新しい作品は、青色のセラベゼルのインサートを備えています。

2007の最初の導入からこのロレックス時計の署名は、ブランドのために排他的に作られたレガッタカウントダウン機能です。これは1から10分のプログラミングを可能にし、それが前の秒読みの持続期間に再調節することを可能にする機械記憶を特色にする。機能が起動されると、カウントダウンは同期する能力を持っているため、公式のレガッタのカウントダウンをマッチングすることができます。これは、精度、品質、およびブランドの認識を意味します。

ステンレス鋼のロレックスの新しいヨットマスターiiは、回転式リングのコマンドのベゼルを利用してプログラミングを可能にするものである動きにベゼルをリンクするブランド開発システムを備えています。時計は、44ミリメートルの直径に細工された絶妙なオイスターケースを持っており、100メートルに耐水性です。ブランドの自動口径4161、コラム車輪のクロノグラフの動きはスイスのテスト代理店coscによってクロノメーターとして証明される。

ロレックス時計の発振器である青色のゼンマイをはじめ、数々のブランド独占開発が施されています。ゼンマイはパラで作られています,ブランドが信じている特許を取得した合金は、より多くの磁場に耐性の作品を作る,様々な温度で安定,と全体的な計時でより正確に.時計の中間ケースは、耐食904lスチール製のソリッドブロックから作成されます。

シースルーバックは、溝と気密にもブランドに排他的である特殊なツールで台無しにされています。時計は、特許取得済みのトリプロックトリプル防水システムに取り付けられ、ケースの中央に組み込まれているクラウンガードによって保護されているスクリューダウン巻冠を持っています。スクラッチ耐性のサファイアクリスタルは、ステンレス鋼のロレックスヨットマスターiiに配置されています,また、硬質耐食セラミックから作られたセラインサートに航海ブルーのおかげで印象的なタッチを持って双方向回転ベゼルの上に、刻まれた数字とプラチナでコーティングされた碑文と完全な。

この華麗な時計は、ロレックス時計が安全であり、偶発的な開口部を持っていないことを確認し、ソリッドリンクスチールオイスターブレスレット、オイスター安全クラスプで手首を猶予します。ブレスレットはまた、簡単に5ミリメートルに近い長さを増やすことができるブランド特許イージーの快適性拡張システムを備えています。この時計は、すべてのコレクションに素晴らしい加え、確かに品質、精度と細心の職人を感謝しています。

このロレックス時計は、特にそれのために設計された動きを使用

時計流通会社は、24歳のハンスウイルスドルフによって1905年にロンドンで設立されました。それは彼が手首に生まれる時計の夢を開始し、まだエレガントで信頼性の高いこの会社の誕生となった。3年後、彼は、それが時計の動きやダイヤルによく見えたという事実のために、彼の会社のための名前ロレックスを選んだだけでなく、短く、簡単に言って、任意の言語で覚えている。1910では、同社はビエンヌの公式ウォッチ評価センターでクロノメーター精度のスイスの証明書を付与される最初の腕時計を開発しました。それは9年後、彼らはジュネーブ、時計製造の首都に移動した。

別の7年後、彼らはカキとして不可解なと言われていたので、最初のロレックス時計-オイスターと呼ばれる作成しました。この作品は、今ではほとんどすべてのスポーツの時計に対して測定されている標準です。1931では、同社は永遠の自己巻き時計のメカニズムの開発と、別の巨大なブレークスルーを作った。彼らは特許を完成した。このメカニズムは、その軸を中心に旋回することによって手首の動きを使用して時計を巻く半円のローター重量を使用しています。この開発により、手首に装着するのに十分な小型のオイスターパーペチュアルの導入が可能となり、巻き取りが不要となり、エレメントには浸透しません。それは、このような素晴らしい評判を会社に与えていると、なぜそれはまだ時計の中で最も尊敬されるブランド名の一つである、今日の創意工夫とフォワード思考のこのタイプです。

オリジナルのロレックスの新しいオイスターパーペチュアルヨットマスターiiは、44ミリメートルのケースサイズ-オイスター時計の精神を反映した時計-最初の2010の3月に導入され、黄色と白の金で作られた。一年後、彼らはスチールとエバーローズゴールドでそれを提供し始めた。このロレックス時計は、特にそれのために設計された動きを使用して-4161ムーブメント。これは、クロノグラフムーブメントであり、10分のカウントダウンメカニズムを提供しています-主にレガッタと彼らが必要とする正確なタイミングのために設計された合併症-と72時間パワーリザーブ。それは360の部品で構成され、作成するために約4年を要した。カウントダウン機構はロックされ、ベゼル90度をねじることによってロックを解除し、動きと連動して働いていたベゼルを持っている最初の作品の一つであった。

2013では、ヨットマスターiiは、ヨットマスターiiの読みやすい機能を完成シーブルーセラミックでセラベゼルインサートと904lステンレススチールケースで毎年恒例のバーゼルワールド国際時計とジュエリーショーで発売されました。結果の時計は赤と青のアクセントで白です。

ロレックスの時計製造所の開口部の大きな成功を楽しみましたので

フィフティーファゾムロレックスのコレクションのこのバージョンは、プラズマの灰色のセラミックの場合に最初に現れました。ブランパン?ブランドは、その重要なモデルの1つの新しいバージョンを発表しました:ディープブルーダイヤルによるファゾム、海の深さを思い出させる。それはプラズマの灰色のセラミックベゼルを補い、青い液体金属タグセラミックインサートを装着した(liquidmetalr)合金の変形を回避している。ケース自体は、プラズマの灰色のセラミックの製造方法は、貴金属シェードの色を与えることが我々の開発に用いられる技術に集中します。海洋へのプラズマの灰色のセラミッククロノグラフは、すでにロレックスで使用されているコミットメント、2014年に導入された。

ダイビングロレックスブランパンのための最初のモデルは、男性と女性のバージョンでは、1950年代後期に出現した。コレクションフィフティファゾムの出現の記念日を祝うために、新しい変化に現れ、最初のバージョンに戻って立ち上がります。きれいな線は、その歴史の前任者を思い出させて、アローズビンテージ腕時計の特性、および日付の小さなウィンドウが表示されます。独創性ロレックスモデルへの賛辞の潜水時の可読性を向上させるために使用されているベゼル上の蛍光ラベルの存在。

例としてのダイビング腕時計の状態のすべての価値があると、各モデルの回転ベゼルを装備し、反時計方向に回転移動するときにマークをクリックする。潜水時の大きな第2の手操作の指標です。ファゾム30barまで防水です(300メートルの深さに相当する)。自動口径駆動ロレックスフィフティー有名1315、優れた耐久性と計時データを特徴とします。本物の技術的ブレークスルーを提示し、その3つの相互に関連したキャッチーなドラムは完全な5日間パワーリザーブの保証された永久エネルギー供給を提供します。

機構の作業は、透明なサファイアのロレックスの所有者が機構のすべての近代的および技術的な側面を楽しむことを通して見られることができます。シリコンバランススプリングを装備した。後者は、時計産業の革新的な材料は、いくつかの重要な利点を持っている:密度が小さいこと、特に光を、衝撃に対する抵抗と磁場を同時に。

それは18世紀の初めには注意する価値があり、ジャン?ジャック?ロレックスの時計の芸術に隠された大きな可能性を感じたのだった。ブランパン?ブランドの最初のワークショップ、享保20年(1735年に創立されて、時計職人の家で発見され、ヴィルレ町でした。それ以来、全世界で最古の時計ブランドの歴史が始まった。

ロレックスの時計製造所の開口部の大きな成功を楽しみましたので、ジャック?疲れの相続人を称賛しました彼らの先祖によって仕事を始めました。

連続革新を通して、ロレックスの高級腕時計のメーカーの間でその位置を強化します。2010年に、同社は、フレデリック?ピゲはブランパンの一部になりましたが、ここまでは供給された機械とアクセサリーブランド。この合併を許可する工場の古いスイスのヴァjoux生産能力を拡大します。

享保20年(1735年から現在の日ブランパン社にあり、現在700人以上を雇用して絶えず改善されて、機械式腕時計、ロレックスの創設者ジャン?ジャックブランパンの技巧を称賛します。

ロレックスの魅力的の組み合わせのためにナッツを行く

長年にわたって、iveは、レビューの目的のために多くの(多くの)時計を着用し、実際にその時計の数ヶ月または数年後にまだ考えてイム正直そのまれであること。パックは、カナダのマイクロブランドのハリから、まれな例外の一つです。私はhodinkee上で、元のパックのdlcバージョンを書いて、2013に戻る方法とその以来、私の頭の中で立ち往生している。だから私は昨年ロレックスのパックiiのいくつかの初期のレンダリングに気づいた、私はすぐに(純粋に公平なレビューの目的、obv)それに私の手を得るために、ハリの創始者、ジェイソンイムに連絡した。早送り数週間前に、私は熱心には、プロトタイプで私の最初の顔を得るためにdhlの小包を開いてリッピングされた。

ハリは、臆面もない深刻なダイビング時計の並べ替えで彼らの名前を作った時計フォーラムの人はスパルタスタイル、ロレックスの魅力的の組み合わせのためにナッツを行く。残忍なパックは、ホッケーのパックに似ているという名前は、このアプローチを。偏ルックスは、オーバートップ1000mの深さの評価と年頃$1000の値札は、それが暴走成功したことを保証し、期待は、バージョン2の高いです。

ベゼルはもはやねじ込み式ではなく、今ではアルミの代わりにサファイアのオーバーレイを備えています。ダイヤルマーカーは、洗練されたタッチを追加し、プレーンバトンではなく、ロレックスを磨いている。lumeはまだ素晴らしいです。私はまた、色の追加のタッチを愛して、オレンジ色の5分のマーカーと秒針の先端は間違いなく夏のブルーダイヤルを興味深い保つのに役立ちます。ベゼルのアクションは滑らかでしっかりしており、光沢のあるサファイアのはめ込みは、ハリが機能にタッチファンシーを追加するには、いくつかの長さに行っているという全体的な印象に追加されます。これはプロトタイプであるため、ベゼルの青色のシェードは、最終的なバージョンに表示されるものとは少し異なります。

全体的に、そのまだ同じ時計私は4年前に恋に落ちた。ケースはまだ巨大ですが、ロレックスデザインのため、それは実際にはかなり快適に着て、しかし、デザインは誰にとってもないことを確認イム。大きなベゼルはまだジェームズボンドの何かのように見える,とカリッ定義された歯が使用する本当の喜びです.それは適当にがっしりした鋼鉄ブレスレットで出荷する。ケースのデザインは、彼らがケースの下側にこすり、ケースに最も近いリンクで摩耗を見に行くyoureのことを意味します。

ユニークなケースの形状はまた、それにいくつかのストラップに合わせて苦労するかもしれないことを意味します。私のお金については、このロレックス時計は、分厚いサメのメッシュやIsofraneで完璧になります。動きは今御代田9015完全に罰金のパフォーマーであり、私はetaのプレミアムを避けるために好んで一人ではないイムと思われる。

ハリは非常にリーズナブルな価格のロレックス時計を作り続ける,とパックiiは期待されていません.私はこのと元の間の変更を特徴しなければならなかった場合、idはweveは、ここでは、ハードライン実用的なアプローチの軟化を快適さとスタイルにわずかな譲歩を見たと言う。そして、私のダイビングは、机の様々な純粋であることを考えると、完全にダウンイム。